土木学会連携部門

「土木」が担う社会資本整備と防災対策は、市民の生命と財産の保全、社会・経済活動の維持・発展のための活動です。しかし、必要な技術・規模・費用等が市民レベルと乖離するため、市民と離れて進められ、互いに理解不足の状態です。今、土木技術者たちは、市民に向けて、それぞれ様々な取り組みを進めていますが、広がっていかないのが現状です。
そのため、CNCPと土木学会が連携して、「土木と市民社会をつなぐ活動」をしている様々な人々が集まって連携・協働するための「フォーラム」を設立し、個々の活動をより大きく広げることを目指します。
皆さまも一緒に、「つなぐ」活動に参加しませんか?

公開情報

現在公開情報はありません

このページの先頭へ